トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ふぉ〜ゆ〜松崎、ドッキリ初座長 12・8から舞台「デルフィニア戦記」

2018年9月9日 紙面から

舞台「デルフィニア戦記〜動乱の序章〜」で初の座長を務めるふぉ〜ゆ〜の松崎祐介

写真

 アイドルグループ「ふぉ〜ゆ〜」の松崎祐介(31)が舞台「デルフィニア戦記〜動乱の序章〜」(児玉明子演出)で単独初主演を飾ることが決まった。12月8〜13日に東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで上演される。

 茅田砂胡さんの冒険ファンタジー小説が原作で、昨年1月に東京・天王洲銀河劇場で上演された「デルフィニア戦記〜第一章〜」の続編。前作では、デルフィニアの王座を奪われた主人公・ウォルが、異世界から落ちてきた謎の少女・リィの協力を得て国王に返り咲いたが、今作はその3年後を描く。

 善政を敷く国王ウォルと、ウォルの養女となった16歳の王女リィ、男性でありながら侍女としてリィを支えるシェラを中心に物語が展開。ウォルを失脚させるためにリィを付け狙う暗殺者一族が登場し、周辺諸国も王女の排除に向けて動きがあわただしくなる。

 ウォル役の松崎は「お話をいただいたとき、正直初めはドッキリかと思いました。自分が座長だなんて、なんかくすぐったい気持ちですが、今まで先輩から学んだことを生かし自分らしく胸を張って全力で臨みたいと思います。平成最後の冬、松崎が渋谷を揺らします!」と気合十分だ。

 前作に続いて佃井皆美(30)をリィ役に起用。シェラはジャニーズJr.の林翔太(28)が演じる。林は「謎が多い人物です。言葉遣いや所作など課題は山積みで難しい役どころだと思いますが、それらを習得して原作のファンの方にも愛されるシェラになりきれるように頑張ります」とコメントしている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ