トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

妻夫木聡、井上真央初共演で「乱反射」 今秋放送!テレ朝系ドラマ

2018年8月10日 紙面から

ドラマ「乱反射」のワンシーン。夫婦役の井上真央(右)と妻夫木聡

写真

 俳優妻夫木聡(37)が、メ〜テレ開局55周年記念ドラマ「乱反射」(テレビ朝日系で今秋放送)に主演、女優井上真央(31)と夫婦役で初共演する。

 貫井徳郎さんの同名ミステリー小説を初映像化。妻夫木と井上は、事故で最愛の息子を失い、その真相を追う夫婦を演じる。初共演について、妻夫木は「波長が合う方。初めての感覚がないような感じ」。井上も「とても居心地が良い」とし、“相思相愛夫婦”ぶりが注目を集めそうだ。

 ドラマは、地方都市に住む幼児がある事件に巻き込まれる。真相を追う父親で新聞記者の加山聡(妻夫木)が突き止めたのは、誰にでも心当たりのある「小さな罪」の連鎖。関係者たちに次々と接触する聡だが、逆に非難されることに。妻の光恵(井上)とともに追い込まれた聡は、息子を失った悲しみと怒りの矛先を自分自身に向けていく−。

 妻夫木は映画「悪人」(2010年)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、井上は映画「八日目の蝉」(11年)で同主演女優賞を受賞した。実力派同士の初タッグが実現し、妻夫木は「一緒に演じていて、すごく気持ちがいい。すごく楽しかったし、気持ち良かったです」と大喜び。さらに「井上さんが僕のことを、役の中で愛してくれている実感がありました。それがすごくうれしかった」。井上も「さまざまな感情を、妻として共有させてもらえた日々でした」。

 メガホンをとったのは、「舟を編む」で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた石井裕也監督(35)。日本映画界を代表する超豪華メンバーによるドラマは、この秋の大きな話題になりそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ