トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

サザン、デビュー記念日初ライブ 6・25から2日間

2018年5月17日 紙面から

初のデビュー記念日ライブが決まったサザンオールスターズ(左から関口和之、桑田佳祐、原由子、松田弘、野沢秀行)=2015年8月18日、東京・日本武道館で

写真

 今年デビュー40周年を迎える国民的人気バンド・サザンオールスターズが、デビュー記念日の6月25日と26日の2日間、東京・渋谷のNHKホールでライブを行うことが決まった。デビュー記念日のライブは、40周年にして初めて。「2018『ちょっとエッチなラララのおじさん』」と題したキックオフライブを機に、アニバーサリーイヤーを華々しく盛り上げる。

 「ライブやりたいなー。6月25日にライブやりたい!」と突然、桑田佳祐(62)がもらしたのは5月5日。レギュラー番組のTOKYO FM「やさしい夜遊び」(土曜午後11時)でのことだった。関係者によると「デビュー記念日を、ファンの皆さんとともに40周年YEARスタートのキックオフにしたい!」との思いから、つい口をついて出てしまったという。

 これにはスタッフが大慌て。急きょ会場探しが始まり、偶然、NHKホールが2日間空いていることが分かり、即決。桑田だけでなくメンバー全員の「感謝の気持ちをファンのみなさんに直接伝えたい」との気持ちが実ることになった。1978年6月25日の「勝手にシンドバッド」でのデビュー以降、記念日にファンと同じ空間で過ごす体験は、初めてになる。

 サザンのライブは、15年8月18日の「おいしい葡萄の旅」ツアー最終日の日本武道館公演以来。99年に新宿リキッドルームでシークレットライブを行ったことはあるが、ホールでワンショットライブを行うのも今回が初めて。NHKホールのステージに立つのは、83年に「東京シャッフル」を歌った「紅白歌合戦」以来35年ぶりで、単独のライブでは初めてだ。

 選曲など演出はこれから練ることになる。最新曲で、長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」(本木克英監督、6月15日公開)の主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は初披露されることになりそう。チケットは、2日間で約7000枚のまさにプラチナ級。購入できるのは、どちらか1公演につき1人1枚。発売は6月16日午後1時から。問い合わせは、キョードー横浜(電)045(671)9911。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ