トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

宮崎駿監督涙「パクさん、僕らは精いっぱい生きた」 ジブリ美術館で高畑勲さんお別れの会

2018年5月16日 紙面から

涙ながらにあいさつする宮崎駿監督。後方左はスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー=東京・三鷹の森ジブリ美術館で

写真

 4月5日に肺がんのため82歳で亡くなったアニメーション監督の高畑勲さんのお別れの会が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で開かれ、盟友の宮崎駿監督(77)ら関係者約1200人が出席した。あいさつに立った宮崎監督は時おり声を詰まらせながら故人との思い出を語り「パクさん(高畑さん)のことは忘れない」と涙を流した。午前に行われた会に続き、午後にはファンら約2000人が献花に訪れた。

 お別れの会は宮崎監督とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(69)が「ジブリとして盛大なお別れの会で見送りたい」と開催。場所を高畑さんが大好きだった同美術館に決めた。

 祭壇には優しくほほ笑む高畑さんの写真が飾られた。2010年に撮影され、家族が選んだという。アジサイやトルコキキョウなど約2000本の花が遺影を温かく包み込むように供えられた。

 会の冒頭、宮崎監督がマイクの前に立って声を振り絞って話し始めた。宮崎監督と高畑さんは東映動画(現東映アニメーション)に勤め、1985年にスタジオジブリを共に設立。互いを意識し合う友人であり、ライバルでもあった。

 高畑さんの訃報が流れた際、山田洋次監督(86)らが次々と追悼のコメントを発表する中、宮崎監督は沈黙を守った。関係者によると、落ち込みが激しくコメントを求められても「その気になれない」などと話していたという。この日はためこんでいた故人への思いを、約9分間の追悼の言葉に凝縮させた。

高畑勲さんの遺影の前であいさつする宮崎監督=東京・三鷹の森ジブリ美術館で

写真

 宮崎監督は高畑さんの愛称「パクさん」のいわれから話し始めた。時間ぎりぎりに出勤してきては「買ってきたパンをパクパクと食べ、水道の蛇口から水を飲んでいた」とエピソードを紹介。高畑さんとは1963年にバス停で初めて会ったという。宮崎監督が22歳、高畑さんは27歳。バスを待っていた宮崎監督に高畑さんが声をかけた。「穏やかで賢そうな青年の顔が目の前にあった。あの時のパクさんの顔を今もありありと思い出す」としのんだ。映画製作に妥協しなかった高畑さん。予定のスケジュールを大幅に超え「パクさんは何枚始末書を書いたのだろう」と振り返る。

 最後に宮崎監督は「パクさん、僕らは精いっぱいあのとき生きたんだ。膝を折らなかったパクさんの姿勢は僕らのものだったんだ。ありがとう、パクさん。55年前に、あの雨上がりのバス停で声をかけてくれたパクさんのことを忘れない」と天国の盟友に語りかけた。

 宮崎監督のほかに作曲家の久石譲さん(67)らが弔辞を読み、高畑さんの最後の映画となった「かぐや姫の物語」で主題歌「いのちの記憶」を担当したシンガー・ソングライター二階堂和美(44)が同曲を歌い、故人にささげた。

◆まだ緊張感/ぼくの中で生きてる/最高の宝物

 ▽スタジオジブリの鈴木敏夫代表取締役プロデューサー(69) 「40年間ずっと監督とプロデューサーの関係でいたので、まだその緊張感が身体にしみついている。高畑さんの中にはもう1本、平家物語をという思いがあったので残念ですね。一番大変だったのは『平成狸合戦ぽんぽこ』。高畑さんは粘り強く、納期が遅れるんで、本当は夏公開なのに春公開のポスター作ったけど効果なかったなあ。高畑さんはこの美術館が好きで、何度も足を運んでいた。それでお別れの会をやるならここでと思いました。多分、まだこのあたりをウロウロしていて往生していない気がします」

 ▽作曲家の久石譲さん(67)(「風の谷のナウシカ」「かぐや姫の物語」の音楽担当)=写真 「世界中の映画の監督で高畑さんほど音楽に造詣が深い人はいない。“ナウシカ”の音楽はプロデューサーだった高畑さんが面倒をみてくれた。当時無名だったぼくを起用してくれ、今日があるのは高畑さんのおかげ。一緒に仕事ができたことを誇りに思っています。仕事で悩むとき、最後に高畑さんの笑顔が浮かぶと、次の自分の行動が見えてくる。その意味でも高畑さんはぼくの中で生きています」 

 ▽野々村真(53)(「平成狸合戦ぽんぽこ」の正吉の声を担当) 「24年前に偉大な監督の作品で主役のタヌキを演じさせてもらったんだと改めて思った。(声優は)初体験でなかなかはまらなかったが、高畑監督は厳しい声もかけずリラックスさせてくれ、地声でいいって。魂を吹き込むってこういうことなんだって教えてくれた。ぼくがジブリ映画に出られたなんて、高畑さんに感謝しかありません。30何年、この世界にいますが、自分の人生の中であれは最高の宝物になっている」

 ◆主な参会者 岩井俊二、富野由悠季、宮本信子、柳家小三治、久石譲、樋口真嗣、種田陽平、角川歴彦、柳葉敏郎、鈴木伸一、神山征二郎、大村秀章、山田洋次、益岡徹、竹下景子、西村義明、瀧本美織、福澤朗、野々村真、押井守、大林宣彦、加藤登紀子(順不同、敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ