トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

大杉漣さんお別れ会に1700人 田口トモロヲら弔辞で喪失感強調

2018年4月15日 紙面から

祭壇に飾られた大杉漣さんの遺影=東京・南青山で(五十嵐文人撮影)

写真

 2月21日に急性心不全のため66歳で亡くなった俳優の大杉漣さんをしのぶお別れ会が14日、東京・青山葬儀所で行われ、ビートたけし(71)や水谷豊(65)ら関係者・ファン約1700人が参列した。

 季節の花で野原を表現した祭壇の中央には、長男で写真家の大杉隼平さんが2016年に撮影した遺影。周囲には愛用のメガネや帽子、大杉さんの所属サッカーチーム「鰯クラブ」のユニホーム、地元のJ2「徳島ヴォルティス」の年間パスポートなど、ゆかりの品々が並んだ。戒名は「優月院漣奏球孝信士(ゆうげついんれんそうきゅうこうしんじ)」。

 この日は、親交のあった芸能人らが弔辞を読み上げた。遺作となったドラマ「バイプレイヤーズ」で共演した松重豊(55)、遠藤憲一(56)、光石研(56)とともに4人で遺影の前に立った田口トモロヲ(60)は「まだ心のどこかで壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないかと思ってしまう」と喪失感を強調。「漣さんと共有した何でもない空気や時間が今の僕たちにとって大切な財産。どこにでも差し込んでくる光のような人でした」としのんだ。

 元SMAPの草なぎ剛(43)はドラマ「スペシャリスト」や「嘘の戦争」などで大杉さんと数多く共演。「また漣さんとお芝居がしたい。ドラマとか映画とか舞台とか、やりましょうよ。連れて行ってくれた海で、ギターを持って行って、一緒に好きな歌を歌いましょう」と遺影に呼びかけた。

 映画「船を降りたら彼女の島」(03年)で大杉さんと初共演した女優の木村佳乃(42)は、愛媛ロケでふすま1枚をへだてただけの部屋に宿泊した思い出に触れ「漣さんが『ヨシヨシ、昨日は眠れなかったよ』と笑わせてくれた。最初は怖いイメージだったけど大好きになった。もう1度『レンレン、元気?』と言いたかった」と号泣した。

 会場では大杉漣バンドが「出航」と、大杉さんが作詞作曲した「金色のウイスキー」を生演奏。メモリアル映像も流れた。

 最後にあいさつに立った妻で所属事務所社長の大杉弘美さんは「45年前の8月終わりごろに出会い、9月から一緒に住み始めて44年半、一緒に暮らしてきた。夫ではありましたが何でも言い合える友人でもあった」と大杉さんとの日々を振り返った。生前の大杉さんから「何かあっても大げさなことをしないで」と言われていたため近親者のみで葬儀を行ったが、この日は「後悔が半分ある。会っていただいた方が良かった」と参列者に謝罪と感謝を伝えた。

◆ビートたけし ダンカンと“密談”

 自身の事務所独立騒動でも注目を集めているたけしは、たけし軍団のダンカン(59)と会場出入り口付近で立ち止まって数分間“密談”する光景も見られた。この日のたけしは報道陣にコメントすることはなく、最後は黒のサングラスをかけたリアル“アウトレイジ”スタイルで迎えの車に乗り込み、会場を後にした。

◆加藤茶「すごく大きな人」

 「ザ・ドリフターズ」の加藤茶(75)は妻の綾菜さんと夫婦で参列。「(大杉さんと)一緒にいると長さん(ドリフのリーダーだったいかりや長介さん)と仕事している気がした。すごく大きな人でした」と話した。

◆笹野&山本 女装姿が印象に

 俳優の笹野高史(69)と山本耕史(41)は大杉さんの最も印象に残る姿を問われると、2014年に放送された連続ドラマ「夜のせんせい」で共演した際に大杉さんが“女装”する役で出演した回を挙げた。笹野は「恥ずかしそうに肩を出していた」と回想。山本は「すごく不思議な方。コワモテの役からおかしな役までされた。いろんな顔を持つ大先輩だった」と懐かしんだ。

◆高橋克典「包容力ある人」

 俳優の高橋克典(53)は大杉さんに悩みを相談した際に、大杉さんから「『バイプレイヤーズ』のメンバーも、みんな悩んでるよ。それでいいんだよ」と言われた思い出を告白。「器の大きい、包容力のある人でした」と感謝していた。

 ▽泉ピン子(70) 「本当にいい役者でした。私はドラマの『バイプレイヤーズ』に出演したいと、オファーしていたところで、今も亡くなったことが信じられません。忙しそうにしていたので、ちょっと休んだらと、言ったこともありましたが、『僕は遅くなって忙しくなったので』と言っていました。けうな役者、もったいないです」

 ▽椎名桔平(53) 「サッカーの映画で共演してから、もう25年ぐらいたちました。大杉さんの草サッカーチームで一緒にサッカーしたこともありました。大先輩なのに偉ぶらず、いつも明るく役者たちの誰からも愛されていました。いなくなられたなんて、今も実感が湧きません」

 ▽関ジャニ∞の村上信五(36) 「ドラマで共演し、サッカーの話なんかもして、すごく良くしていただきました。すごくいい時間をつくっていただいた。悔やむことしかできないのが残念です」

 ▽生田斗真(33) 「僕が高校生のころからドラマでお世話になりました。やさしくしていただきました。思い出はたくさんあります。お芝居に真摯(しんし)に取り組まれ、現場でどんなにつらくても、笑顔でいることの大切さなどを教わりました。少しでも大杉さんに近づけるように頑張っていきたい」

 ◆主な参列者 ビートたけし、草なぎ剛、浜田雅功、松重豊、加藤茶夫妻、遠藤憲一、田口トモロヲ、光石研、水谷豊、斎藤工、椎名桔平、稲垣吾郎、名取裕子、佐野史郎、松村邦洋、尾野真千子、鈴木京香、泉ピン子、村上信五(関ジャニ∞)、生田斗真、吹越満、沢村一樹、田中麗奈、北村一輝、友近、中村獅童、笹野高史、向井理、山本耕史、高橋克典(順不同)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ