トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

関根・ももクロら声マネに沸く! 「映画クレヨンしんちゃん〜」公開初日舞台あいさつ

2018年4月15日 紙面から

壇上で笑みを見せる(前列左から)佐々木彩夏、百田夏菜子、関根勤、玉井詩織、高城れに=東京・日比谷で

写真

 人気アニメの劇場版最新作「映画クレヨンしんちゃん 爆盛! カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」(高橋渉監督)の公開初日舞台あいさつが14日、東京・TOHOシネマズ日比谷で開かれ、ゲスト声優を務めた人気グループ「ももいろクローバーZ」のメンバー4人、タレントの関根勤(64)らが出席した。

 劇場版26作目で、春日部の中華街を舞台に、主人公・野原しんのすけたち「カスカベ防衛隊」が街を救おうと奮闘する姿を描く。

 ももクロは主題歌「笑ー笑〜シャオイーシャオ!〜」も担当。メンバーの高城れに(24)は「ウチのお母さん、みさえさん(=しんちゃんの母)と骨格と声もしゃべり方のトーンも一緒なんです」と明かして、しんちゃんの声マネを披露して会場を沸かせた。そんな高城に対し、百田夏菜子(23)は「しんちゃんは5歳だけど、ウチのは(6月で)25歳ですからね〜」とツッコミを入れた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ