トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

キスマイ北山、映画デビューは猫役 来年公開「トラさん」

2018年2月9日 紙面から

 Kis−My−Ft2北山宏光(32)が来年公開の映画「トラさん」(筧昌也監督)に映画初出演・初主演することが決まった。

 北山にとっては記念すべき映画デビュー作だが、役どころはなんと「猫」。原作は板羽皆さんの同名コミック。酒とギャンブルに溺れる売れないマンガ家・高畑寿々男(北山)は事故死するが、家族と自分を見つめ直すため1カ月限定で家族のもとに猫の「トラさん」として戻される、というもの。

 猫役と聞いた北山は「どういうこと?」と思ったそうだが「原作を読ませてもらって、なるほどそういうことかと思いました。ウルっとするところもあるんですが、温かいお話で、読み終わった後に心がほっこりしました」と物語に共感したという。

 どんな猫の姿で現れるのかは明かされていないが、動画を見たり、ペットショップで観察したりと猫の動きの研究は始めている。「子供の頃、猫を飼っていたので、一緒に遊んでいた時のことを思い出したりもしています。ひっかかれたことや、どこを触ったら気持ち良さそうだったか、いろいろ思い出して。細かなしぐさなどにもこだわって演じてみたいです」と意気込んでいる。

 寿々男を支える妻役は多部未華子(29)で北山とは初共演。娘役は平澤宏々路(こころ、10)で、北山は父親役にも初挑戦する。多部は「北山さん、宏々路ちゃんともお芝居をご一緒するのは初めてですが、とても仲の良い家族の設定ですので、和気あいあいと楽しめたらいいなと思います」と話している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ