トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

まゆゆ初の単独主演舞台 5月からミュージカル「アメリ」

2018年1月23日 紙面から

アメリ役の衣装でポーズを決める渡辺麻友

写真

 昨年末にAKB48を卒業した渡辺麻友(23)がミュージカル「アメリ」(児玉明子演出)で舞台に単独初主演することが決まった。2001年にフランスで公開され、1週間で120万人の観客動員を記録した同名大ヒット映画を舞台化。昨年4月にニューヨークのブロードウェーで上演され、話題を呼んだ名作が日本で初演を迎える。

 渡辺が演じる主人公の少女・アメリは、周囲の人々とのコミュニケーションが苦手で、人々を観察しては日々想像力をふくらませて楽しんでいたが22歳のとき、ある出来事をきっかけに他人を幸せにすることに喜びを感じ始める。その一方で自分自身も不思議な青年ニノに恋をするが、気持ちを素直に打ち明けることができずにいる。そんなアメリの日常を描いたロマンチックコメディーだ。

 渡辺は「以前からミュージカルが好きで海外まで足を運ぶほど愛情を注いでいるのですが、そんな私のミュージカルの、しかもブロードウェー上演作品に抜てき!というお話をいただき、目が飛び出るほど驚きました」と喜びを語っている。

 その上で「(主演に)選んでいただいたからには今の私に出せる全ての力を注ぎ、全身全霊で務めさせていただきたいと思っています」と気合十分だ。

 映画版では、仏女優オドレイ・トトゥが演じたアメリの髪形や、アメリがクリーム・ブリュレの表面をスプーンで割って食べるかわいらしい動作をまねる女性が続出するなどの社会現象が起きた。AKBを卒業した渡辺にとって、本格的な女優の道への大きな一歩となる作品になりそうだ。

 演出の児玉さんも「渡辺麻友さんがアメリを演じられることは非常に魅力的でして、日本の中でこれだけベストなキャスティングはないと思っております」と、渡辺の熱演に期待を込めながら「ブロードウェーミュージカルがオリジナルではあるのですが、私自身、新作の大作ミュージカルを創る意気込みとエネルギーで臨む覚悟です」とコメントを寄せた。

 東京公演は5月18日〜6月3日、天王洲銀河劇場で。大阪公演は6月7〜10日、森ノ宮ピロティホールで。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ