トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

清水良太郎容疑者、逮捕 覚醒剤使用疑い、父アキラ涙の謝罪

2017年10月13日 紙面から

三男の良太郎容疑者が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、会見で涙ながらに謝罪する清水アキラ=東京都中野区で(隈崎稔樹撮影)

写真

 物まねタレント清水アキラ(63)の三男で、タレントの清水良太郎容疑者(29)=東京都中野区=が12日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、警視庁目白署に逮捕された。同署によると、良太郎容疑者は当初は否認していたが、その後容疑を認めたという。逮捕は11日。アキラは12日夜、東京都内で会見し涙ながらに謝罪。同じ事務所に所属する良太郎容疑者について「事務所を解雇する」と明らかにした。

 目白署によると、10日午後1時40分ごろ、東京・池袋のホテルで、30代女性から「薬物を飲まされた」と110番があった。現場に駆け付けた署員が、ホテルから出てきた良太郎容疑者を同署に任意同行。尿から覚醒剤の陽性反応が出たため、逮捕した。

 逮捕容疑は9月下旬ころから10月10日までの間、東京都内またはその周辺で、若干量の覚醒剤を使用した疑い。

 良太郎容疑者はバラエティー番組のほか、ドラマや舞台などで俳優としても活動。しかし、今年2月に写真誌「フライデー」で、違法カジノ店に出入りした違法賭博疑惑を報じられ、芸能活動を休止。6月に仕事復帰したばかりだった。

 清水アキラは自宅前で会見し謝罪した。良太郎容疑者の今後については「バカ野郎というしかない。あいつの言葉を信じることもできない。自分で歩いてもらいたい。面会に行く気もない」と厳しい姿勢を示した。一方で「突き放したいけど家族ですから」と涙を流し、おえつを漏らす場面も。

 アキラは10日に事務所社長の次男から事件を知らされ、尿検査を踏まえて警察から戻った良太郎容疑者を再三問いただしたが「本当に何もない」と答えていた。

 しかし翌11日、次男から逮捕を知らされた。アキラは闇カジノ事件の真相がうやむやになったことを引き合いに「ホッとしました」と率直な思いも吐露。闇カジノ事件の際も良太郎容疑者は頑として疑惑を否定。さらにアキラは「フライデーが出る前から知ってた。事務所に電話があり、写真があるから買えと」と脅迫されていた事実も明かした。

 息子の教育については「うちは他人のうち以上に厳しくて、なんかあればひっぱたいたりしてた。それが逆にウソつきになっちゃったんですかね」と後悔した。

<清水良太郎(しみず・りょうたろう)> 1988(昭和63)年8月15日生まれ、東京都出身。2006年、NHK大河ドラマ「功名が辻」で俳優デビュー。11年、フジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」に出演し、ものまねタレントとして活動開始。16年5月に一般女性と結婚、同年11月に長女誕生。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ