トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ピコ太郎 ウガンダでPPAP 観光大使に任命

2017年10月7日 紙面から

ヨウェリ・ムセベニ大統領(右)と対面し、握手するピコ太郎

写真

 国交55周年記念プロジェクトの一環として、ウガンダを日本でPRする観光大使に選ばれたシンガー・ソングライターのピコ太郎が、6日(日本時間同日)に首都カンパラ郊外のホテルで開かれた任命式に出席。ヨウェリ・ムセベニ大統領(73)と対面した。

 昨年10月、世界的な大ヒットとなったデビュー曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」をiTUNESで134の国と地域に同時配信した際にウガンダでもデイリー1位を獲得し、アフリカ各地でも知名度抜群のピコ太郎に観光局がラブコールを送った。

 任命式に先立ち、ピコ太郎はサッカーのウガンダ代表を表敬訪問。W杯ロシア大会の最終予選(E組)で現在2位につけ、7日にホームでのガーナ戦を控えるチームのFWネルソン・センカツカ選手(20)らにゴールパフォーマンスとして「PPAP」の振り付けを伝授した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ