トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

錦戸亮 大河出演「20年かかった」 「西郷どん」新キャスト発表

2017年10月4日 紙面から

 来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(1月7日スタート、日曜午後8時)の新キャスト発表会見が3日、東京・渋谷の同局で開かれ、大河初出演となる関ジャニ∞の錦戸亮(32)ら11人が発表された。錦戸は鈴木亮平(34)が演じる主人公・西郷隆盛の弟・従道役。「ジャニーズ(事務所)のオーディションを受けて20年になる。このような本格派の時代劇に出られるのに20年かかった」と感慨深げに語った。

 会見には、都合で欠席した尾上菊之助(40)と又吉直樹(37)を除く新キャスト9人と主演の鈴木が出席した。

 錦戸演じる従道は西郷家の三男で血気盛んな性格。兄に従い戊辰(ぼしん)戦争にも従軍するが、西南戦争では政府側に立ち、兄を追い詰める。

 隆盛の肖像画は従道がモデルともいわれ、ぽっちゃり体形だったと思われる従道。鈴木も「今回の発表で一番驚いたのは従道(錦戸)」と明かした。「僕に似た人が来ると思っていたら、まさかの亮君だった」と苦笑い。錦戸は鈴木から「『おれら似てる?』と言われた」と暴露しつつも「やっていけば似ていく。大河ドラマの中できっちり役割を果たす」と意欲的だった。

◆斉藤由貴の出演辞退「とても残念」

 同ドラマでは、篤姫の教育係・幾島役で出演予定だった斉藤由貴(51)が不倫騒動で出演を辞退している。制作統括の櫻井賢さんは「とても残念。すごく女優として勢いのあるすてきな方なので、お迎えできればと思っていた」。

 代役については「今、調整している」とこの日の発表はなかったが「今月中に決まれば」と語った。スケジュールや脚本には影響がないと説明した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ