トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

市川由紀乃、着物の魅力伝える 「着物ウィークin萩プレミアム」

2017年10月3日 紙面から

着物のイベントで和服姿で熱唱する市川由紀乃=山口県萩市で

写真

 演歌歌手の市川由紀乃(41)が2日、山口県萩市で開催中のイベント「着物ウィークin萩プレミアム」にゲスト出演し、ミニライブなどで盛り上げにひと役買った。

 「着物を着て街歩きを楽しむイベント」として萩市観光協会が主催。市川は「着物が最も似合う女性」として招かれた。イベントのイメージガールと着物競演したり、藩主の船を格納した築400年以上の旧萩藩御船倉でプロ歌手として初のミニライブも行った。

 4年ぶりに萩市を訪れたという市川は「日本的な街並みが印象的な所で演歌に通じるものを感じます。コンサートに来ていただく女性のお客さまを見ると、パワーがあって、とても素晴らしい街だと思います。今回は招いていただきうれしいです」と笑顔で話した。

 市川にとって着物はステージで欠かせないユニホーム。「1年のうち300日ぐらいは着物を着ています。私も着物文化を受け継ぎ、歌を通じて着物の魅力を伝えていきたいと思います」と誓いも披露した。

 ライブでは100人のファンを前に「命咲かせて」や新曲「はぐれ花」などを歌った。昨年のNHK紅白歌合戦初出場に続き、2年連続の出場にも期待がかかる。「一日一日のハードルを超えて、駆けぬけたい。その結果、良い年末を迎えられたら」と意欲を見せていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ