トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

萩原健一、50周年でツアー

2017年9月29日 紙面から

50周年ツアーで熱唱する萩原健一=川崎市のクラブチッタ川崎で(北田美和子撮影)

写真

 俳優で歌手の萩原健一(67)が28日、川崎市のクラブチッタ川崎でライブハウスツアーの初日公演を行った。

 グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビューし今年で50周年。節目を迎えて音楽活動も本格再開し、春からはライブ活動のほか、ニューアルバム「LAST DANCE」(10月25日発売)も制作した。

 今回は自身初のライブハウスツアー。初日を飾るステージでは「大阪で生まれた女」などのヒット曲をはじめ「神様お願い」「エメラルドの伝説」などテンプターズ時代の名曲も披露した。

 「ショーケン!」「兄貴!」。ファン500人の大声援の中、萩原は来年のNHKドラマで吉田茂元首相を演じることも報告。役作りのためにそり上げたというツルツルの後頭部も披露するなど、ご機嫌で歌いまくった。ツアーは名古屋ボトムライン(10月2日)などで。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ