トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「広瀬すず史上、最強にかわいい」生田斗真が絶賛 映画「先生!」完成披露試写会

2017年9月27日 紙面から

 映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」(三木孝浩監督、10月28日公開)の完成披露試写会が26日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われ、主演の生田斗真(32)、ヒロインの広瀬すず(19)、竜星涼(24)、森川葵(22)、中村倫也(30)らが舞台あいさつを行った。

 河原和音さん原作の大ヒット少女コミック「先生!」を実写映画化。広瀬が演じる初めて人を好きになった女子高生・響と、恋のお相手の生田演じる教師・伊藤の恋模様を描く王道ラブストーリー。

 生田は、「広瀬すず史上、最強にかわいい映画ができたと思ってます。これはおそらく、数年更新されることはないでしょう。世の男性諸君、覚悟して映画館に来るように」と広瀬を大絶賛。

 それに対して広瀬は、「本当に、伊藤先生がかっこいいです。伊藤先生がいてくださったからこそ、響がまっすぐに(役として)生きれたと思います」と負けずに生田を絶賛。広瀬にとってここまでの本格的なラブストーリーへの出演は初めて。「ここまでまっすぐな女の子を演じるのは気持ちいい。『恋っていいな』と思ってもらえるような作品になったと思う」と、笑顔で作品をアピールした。

 映画の公式サイトなどでは生田に対しての恋愛相談を募集。それを受け、会場では公開恋愛相談が行われた。男子生徒からの「互いに部活で彼女と予定が合いません」という相談には、「試合見に来てもらえばいいんじゃないの。ここまで彼女のこと思えたら満点彼氏じゃない」と回答し歓声を浴びた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ