トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

NOBU、故郷で凱旋ライブ! メジャー復帰 シングルリリース

2017年7月17日 紙面から

メジャーレーベルと再契約し、故郷・宮崎の青島ビーチパークに凱旋したNOBU

写真

 注目のシンガー・ソングライター、NOBU(29)が16日、宮崎市の青島ビーチパークで、メジャー復帰シングル「いま、太陽に向かって咲く花」(12日発売)のリリースを記念したミニライブを開催した。宮崎県小林市出身。2012年にデビューするも鳴かず飛ばずで14年に所属レコード会社から解除されたが、自分の音楽を信じて活動を続けた結果、今春に再契約。同曲は九州から火が付き、ブレークへの兆しを見せている。故郷に凱旋(がいせん)したステージで再起への道を歩み始めた。

 「こんなに最高なビーチに、最高な青空と一緒に盛り上がりませんか?」。灼熱(しゃくねつ)の砂浜でとびっきりの笑顔を見せた。挫折を乗り越え、愛する地元のビーチに帰ってきたNOBUを、ファン300人が大歓声で迎えた。

 2012年に「N.O.B.U!!!」のアーティスト名でデビューしたが、結果が伴わずに2年で契約を解除された。14年からの3年間、所属事務所もレコード会社もない中で自ら電話で売り込みをかけ、週2、3カ所のペースで北海道から沖縄まで200カ所近い小規模な施設を回ったが、客が3人ほどしかいないことも。それでも自信を失うことなく、歌で思いをたくさんの人に伝えてきた。

 暗いトンネルの中でもがき苦しむ中、21歳のときに兄に向け書いた楽曲「太陽に向かって咲く花」が自分や周囲への応援歌になっていることに気付いた。昨年の熊本地震のときも被災地で同曲を歌い、多くの被災者に感動を与えた。

 地道な活動によって九州地区で徐々に知名度を上げたNOBUに昨年3月、転機が訪れた。同曲にほれ込んだ恩人である関係者の助言により、歌詞を加えて「いま、太陽に向かって咲く花」にバージョンアップ。アーティスト名もシンプルに本名に由来する「NOBU」に改名した。所属事務所も決まり、かつて“解雇”されたレコード会社とも再契約に至った。

 九州地区のテレビ局、ラジオ局のパワープレイ効果もあり、7月7日付の有線放送全国J−POPランキングで1位を獲得したほか、発売日付の「オリコン」デイリーチャートでも18位で好発進した。

 この日は、両親と兄も一回り大きくなって宮崎に帰ってきたNOBUの勇姿を見届けた。苦節時代も母は「時代があんたの歌に付いてきてないだけ。あんたはあんたらしく歌いなさい」と励ましてくれていた。

 夢の続きを見る新たなスタート地点に立ったばかりだが、今後の目標を問われると「アカシロです!!」と即答。すなわちNHK紅白歌合戦への出場だ。「小6のときからずっと実家のとなりのおばちゃんに『今年の紅白見ちょっとてよ。出るからよ』と言い続けています。年が明けて『出らんかったがね』と言われますが、今年こそは!!」。大舞台に立つ日が来れば、本当の意味で故郷に錦を飾るときが来る。

<NOBU(ノブ)> 1988(昭和63)年7月3日生まれ、宮崎県出身。5歳からピアノを習い始め、9歳だった97年に兄とバンドを結成。ドラムを担当した。14歳から作詞作曲を手掛けたが、18歳のときにバンドが解散。ソロのシンガー・ソングライター「N.O.B.U!!!」として12年にアルバム「POWER TO THE PEOPLE!!!」でメジャーデビューした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ