トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

NHK「ひよっこ」みね子の恋のお相手 竹内涼真「イケメン役で終わらない」

2017年6月10日 紙面から

「ひよっこ」に出演する竹内涼真(五十嵐文人撮影)

写真

 映画「帝一の國」などで人気急上昇中の俳優竹内涼真(24)が、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」にヒロインみね子(有村架純)の隣人となる島谷純一郎役で登場した。ようやく現れたヒロインの恋のお相手。多くの若手がこのポジションでブレークを果たしてきた。竹内も「自分を知ってもらうチャンス」と意気込んでいる。

 島谷は育ちが良くて勉強もできる慶応ボーイ。道端で小銭をぶちまけたみね子と初対面を果たし、アパートの隣人として再会、やがてお互い気になる存在になっていく。

 「恋の部分はみなさん期待しているところなので、それをやらせてもらうということを重く受け止めました」と使命を自覚。この立場が「イケメン枠」と呼ばれていることは承知の上で「そう思ってくれて構わない。でもイケメンだから出てると思ってほしくないし、きちんと物語が盛り上がるターニングポイントになりたい。イケメン芝居って言われないように、ちゃんとした気持ちで演じています。終わった時に島谷ロスって言われたいですね」と俳優としてのスキルアップを期す。

 20歳までサッカー一筋。東京ヴェルディユースにも所属していたが、プロを諦め、俳優に挑戦。若手の登竜門「仮面ライダードライブ」(2014〜15年)に主演し、次に掲げた目標が朝ドラだった。それもかなえたが、夢はさらに大きく果てしない。「日本人として、世界、まずはアジアの俳優と対等に戦えるようになりたい。全国民が見たいと思ってくれる作品に出たい。まだ24歳、やれることはたくさんある」 (宮崎美紀子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ