トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

森昌子 久々の胸キュン 音楽喜劇「のど自慢」製作発表

2017年5月20日 紙面から

 歌手の森昌子(58)とA.B.C−Zの河合郁人(29)が主演する舞台「音楽喜劇『のど自慢』〜上を向いて歩こう〜」の製作発表が19日、東京・渋谷エクセルホテル東急で行われた。

 井筒和幸監督のヒット映画をベースに、人気番組「のど自慢」に出場しようとする人々の奮闘する姿を描く笑いと涙の物語。デビューしたものの売れずに10年たつ演歌歌手を森が、そのマネジャーを河合が演じる。

 32年ぶりの舞台出演となる森は「50代最後の年の挑戦で胸がワクワクしています」。初めて1人で外部の舞台に挑戦する河合は「母の名前が森さん演じる『麗子』と同じなので、二人三脚するのにピッタリです!」とアピールした。

 スチール撮影の際に河合から「森さんを守ります」と言われ、「久しぶりの告白でドキドキしました」と明かした森。タイトルにちなんで自慢の歌を尋ねられ、「悲しき口笛」を美空ひばりさんの物まねで披露して沸かせた。

 共演の上原多香子(34)、ジャニーズJr.寺西拓人(22)らも出席した。舞台は6月29日〜7月4日に東京国際フォーラム、8月12〜18日に名古屋・中日劇場で。   

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ