トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

キムタク、カンヌで感無量 映画祭に「無限の住人」特別招待

2017年5月19日 紙面から

 【カンヌ(フランス)宮崎美紀子】元SMAP木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が第70回カンヌ国際映画祭「アウト・オブ・コンペティション部門」に特別招待され18日、木村、ヒロイン杉咲花(19)、三池監督が当地で記者会見した。

 木村がカンヌ映画祭に参加するのは、2004年のウォン・カーウァイ監督の香港映画「2046」以来13年ぶりで、主演作では初めて。SMAPが解散し、1人の俳優として歩き出した木村にとって、またとない機会になった。

 会見で木村は「完全なメード・イン・ジャパンの映画で参加できたことが前回との大きな違い。今は戻ってこられて本当に感謝しています」と感慨をかみしめ、「この役との出会いは運命だと監督は言ってくれた。これからも一つ一つの出会いに全力で臨んでいきたい」と俳優としての決意を語った。

 会見前のフォトコールでは海外映画祭初参加の杉咲のキュートなはにかみ笑顔がカメラマンのハートを射抜いた。

 「無限の住人」は木村演じる不死身の剣士が、亡き妹に似た少女(杉咲)を用心棒として守るアクションエンターテインメント。アウト・オブ・コンペティション部門は賞の対象にはならないが、過去に「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」などの娯楽大作が上映されており、日本映画の選出は極めて珍しい。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ