トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

中村獅童、初期の肺腺がん 6月博多座、7月歌舞伎座は休演

2017年5月19日 紙面から

肺腺がんを公表した中村獅童

写真

 歌舞伎俳優の中村獅童(44)が18日、初期の肺腺がんを患っていることを松竹を通じて発表した。毎年定期的に受けている人間ドックで発見された。関係者によると、6月上旬に手術を受けるといい、復帰時期は未定。出演を予定していた6月の博多座、7月の歌舞伎座公演は休演する。入院を控える獅童は、直筆コメントのファクスを寄せ「病に打ち克ち、必ず元気になって今まで以上に良い舞台がつとめられますよう、より一層精進いたし、また皆様にお目にかかりたい」と完治を約束した。

    ◇

 関係者によると、獅童は今春受けた人間ドックの結果が5月11日に判明し、肺腺がんと診断されたという。獅童はファクスで、がんは「奇跡的と言われる程の早期発見」だったと説明。担当医師からは「この状況ですぐに手術すれば完治する」と言われたと記している。

 入院までは受けていた仕事について「精いっぱいつとめます」としているが、博多座と歌舞伎座公演の休演については「断腸の思いで決断いたしました。本当に申し訳ございません」と悔しさをにじませながら、入院加療に向けて「今しばらくお時間をください」としている。

 獅童はがん発覚前の先月29、30日に、千葉・幕張メッセで行われたイベント「ニコニコ超会議2017」の中で、ボーカロイドの初音ミクとコラボした「超歌舞伎」の第2弾「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」に出演。2日間4公演とも超満員の観客を前に、八重垣紋三役を熱演。ロックスターばりにファンをあおって、盛り上げた。

 2015年1月に再婚した妻沙織さんも来場していたと自ら明かしたほか、「初音ミクと奥さんとどちらがかわいい?」といった質問には、衣装姿のミクに対し「この扮装(ふんそう)をするとミクさんかな」とユーモラスに語るなど病はまったく感じさせなかった。

 獅童が休演する博多座は、「車引」の松王丸を中村芝翫(51)、「信州川中島合戦 輝虎配膳」の直江山城守を中村鴈治郎(58)、「幸助餅」の雷五良吉を中村亀鶴(44)が代役で務める。歌舞伎座は、昼の部で獅童が出演予定だった「慶安の狼」「すし屋」「神田祭」を市川海老蔵(39)らの「加賀鳶」「連獅子」に変更。夜の部「駄右衛衛門花御所異聞」は、配役を一部代えて上演する。

<ブログでコメント> 市川海老蔵(39)は、獅童のがん発表を踏まえて18日にブログを更新。「かなしかった、最初に聞いたとき、自分の事のように」とつづった。「七月の歌舞伎座では共演なりませんが、必ず元気になって共に舞台に立つと友と強く約束しました」。歌舞伎座公演終演後には、取材に応じ「とにかく万全を期して」と快復を祈った。

◆開胸しない胸腔鏡下手術で根治も 肺の一部だけ切除

 医師で医療ジャーナリストの森田豊さんの話 肺がんには腺がん、扁平(へんぺい)上皮がん、小細胞がん、大細胞がんの4種類があり、腺がんは60%の割合を占めている。腺がんは、肺の奥まったところに発生しやすく、気管支から離れているので、せきやたんなどの症状は出にくい。そのため、健診で見つかることが多い。症状が出た場合は、かなりがん細胞が大きくなっていることが考えられる。

 肺がん全体で男性と女性の比率は3対1。喫煙率と関係があるが、腺がんは比較的女性がかかりやすい。また、肺がんは50歳以上でかかる場合が多く、40代でかかるのはまれだが、原因は不明。

 早期で見つかった場合の手術は、片肺すべてを切除しなくても、肺の一部を切除するだけで終了。開胸しない胸腔(きょうこう)鏡下手術で根治できる場合も多い。この術式だと、傷も小さく、手術後の痛みも少なく回復も早い。生活習慣など、特に現状を改める点はなく、手術に向けて万全な体調管理が必要。

◆2年前には脳動脈瘤を手術

 アイドルグループ「NEWS」の小山慶一郎(33)が18日、キャスターを務める日本テレビ系「news every.」で、獅童に激励のメールを送ったところ、受け取った返事の中で獅童が2年前に脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けていたと明かした。

 小山は「心配なんですが、先ほど獅童さんに個人的にメールさせてもらったんですが、力強い返事をいただきました」と語り、「必ず元気になるから。実は2年前に脳動脈瘤という病気の手術もしました。それも克服できたので、今回も絶対に乗り越えます」との文面を読み上げた。

◆「勧進帳」で堂々 海老蔵の相手役 最近の活躍ぶり

 次世代を担う歌舞伎俳優の中でも、獅童は近年ますます存在感を高めている。父親が早くに歌舞伎俳優を廃業したため後ろ盾がなく、悩める修業時代を送った。転機になったのは、映画「ピンポン」(曽利文彦監督、2002年)出演。オーディションで準主役を勝ち取り、頭をそり上げて熱演したキャラクターが絶賛され、次々と仕事が舞い込むようになった。

 歌舞伎でも次第に大きな役がつくように。最近では、「勧進帳」で弁慶を演じる市川海老蔵と富樫役で共演するなど海老蔵の相手役として堂々と渡り合っている。

 一昨年には、絵本が原作の「あらしのよるに」を歌舞伎化。また、人気ボーカロイド初音ミクとコラボレーションした「超歌舞伎」に2年連続で主演。新しい試みに果敢に挑戦している。

 同世代では、海老蔵が、六本木歌舞伎で寺島しのぶと共演したり、自主公演「ABKAI」などで奮闘。市川染五郎(44)は、昨年、史上初めて歌舞伎のラスベガス公演を実現。今月20日からはフィギュアスケートとコラボする。市川猿之助(41)は、伯父の猿翁が創作した「スーパー歌舞伎」を発展させた「スーパー歌舞伎II」で人気漫画「ワンピース」を歌舞伎化した。

 こうした同世代との切磋琢磨(せっさたくま)が歌舞伎人気につながるだけに、今は完治を目指して完全休養が望まれる。   (本庄雅之)

<中村獅童(なかむら・しどう)> 本名小川幹弘(おがわ・みきひろ)。1972(昭和47)年9月14日生まれ。東京都出身。祖父は三代目中村時蔵、父親は元歌舞伎俳優の初代中村獅童。81年、8歳で歌舞伎座で初舞台を踏み、二代目中村獅童を襲名。2003年に新春浅草歌舞伎「義経千本桜」「菅原伝授手習鑑」で初主演。歌舞伎と並行して映画、ドラマにも進出し、幅広く活躍中。05年、女優竹内結子と結婚し長男をもうけたが08年離婚。15年に11歳年下の一般女性と再婚。

<肺腺がん> 4つに分けられる肺がんのうちの1つで、肺がんのうちの約60%を占める。気管支から遠く、体の表面に近い肺の奥まったところに発生することが多いため、症状が出にくく転移しやすいのが特徴。喫煙との因果関係は薄く、男性に比べ女性に多く症状が見られる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ