トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ディーン×長瀬初共演 来年の公開映画「空飛ぶタイヤ」

2017年5月17日 紙面から

 TOKIO長瀬智也(38)が主演する池井戸潤さん原作の映画「空飛ぶタイヤ」(本木克英監督、来年公開)に、ディーン・フジオカ(36)の出演が決まった。長瀬とディーンは初共演。

 「空飛ぶタイヤ」は、トラックの脱輪事故をめぐり、長瀬演じる運送会社の社長・赤松が、自動車メーカーのリコール隠しに立ち向かう物語。ディーンは、赤松と対決するホープ自動車のカスタマー戦略課課長の沢田を演じる。

 沢田は赤松からの再三の再調査要求を疎ましく感じていたが、自ら調査するうちにリコール隠しに気付く。大企業のサラリーマンという立場と正義の間で揺れる重要な役どころだ。

 原作には赤松、沢田の直接対決はないが、映画版オリジナルとして、それぞれの正義を胸に気持ちをぶつけ合う緊迫のシーンが盛り込まれる。

 長瀬はディーンについて「気取らないし、集中する時はしっかり集中するし、とても楽しい人」、ディーンは「スカッと晴れた日のカリフォルニアみたいな人」と長瀬を表した。長瀬は「ディーンさんと絡むシーンはあまり多くなかったのですが、その分対面するシーンにエネルギーをためて挑むことができました」と撮影を振り返った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ