トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

キムタク「ソロ歌手」は否定 ラジオで解散後初の肉声

2017年1月7日 紙面から

 木村拓哉(44)は6日放送のTOKYO FM系「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」(毎週金曜午後11時)で、ラジオを通してSMAP解散後初めてファンに声を届けた。

 例年通り「あけましておめ」のあいさつでスタートすると、書き初めに選んだ文字は「新人」。「経験を積んだうえで、新たな気持ちで行きたい」と理由を話した。新年1曲目はSMAPの「前に!」(2012年)。その曲をバックに、「SMAPの、が取れて、単純に木村拓哉という表記になった」と微妙な気持ちを吐露。正月は「冷静に考えた。でも、考えても何も変わらないと思って、ひたすら体を動かしていた」という。リスナーからの「ソロ歌手に?」との質問には「想像もしてなかった」と否定したが、「舞台」「ナレーション」については「求められれば」。最後に「こんな仕事をという、リクエスト募集」と前向きに呼びかけた。

 番組は1995年1月にスタート。97年3月にいったん終了したが、同年10月に再開している。リスナーからの質問に答えるかたちで進行、木村は「キャプテン」と呼ばれることが多い。解散にともない他のメンバーはラジオの冠番組から「SMAP」の名を次々と外したが、木村は悩んだ末に継続を決めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ