トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

与田監督が初陣、きょう対外試合 必死な姿勢、戦う姿勢を見せろ

2019年2月11日 紙面から

ブルペンで練習を見守る与田監督=北谷球場で(板津亮兵撮影)

写真

 中日は11日に今年初の対外試合となる韓国・ハンファとの練習試合(北谷)を行う。これが初陣となる与田剛監督(53)は10日、「すごく楽しみにしている」と語り、選手たちが実戦で躍動する姿を心待ちにした。

 新体制として船出した与田竜が、初陣を迎える。初の対外試合を翌日に控え、今はどんな気持ちなのか。そう聞かれた与田監督は「すごく楽しみですね」と即答。さらに「ここまで10日間練習でやってきたことをどれだけゲームで出せるかどうか、楽しみにしています」と続けた。

 投手は柳を先発させ、その後は福谷や鈴木博を起用する予定。「まだ最初なので、短いイニングで4、5人と考えています」と与田監督。野手はビシエド、アルモンテ以外の北谷組を可能な限り出す考えだ。「最初から勝ちにこだわるか」の質問には「ない、ない。そんな段階ではない」と苦笑い。「まだ細かいサインを出すつもりもない」とも話した。

 もっとも、勝ちにこだわらなくても、負けていいなんて思っていないはずだ。そしてナインに求めるものは当然ある。選手たちがここまでやってきた成果をしっかりと出してくれること。思い切ってプレーをし、必死な姿勢、戦う姿勢は見せてほしいと思っている。「練習でやってきたことを、思い切り実戦でやってほしい。それだけですね。うまくいかないことが多々出るかもしれない。でも、萎縮せずにやってほしい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ