トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

佐藤、守護神へ球速押し上げる 米国武者修行で体得、左腕引く

2019年1月21日 紙面から

キャッチボールする佐藤=中日ドラゴンズ屋内練習場で(今泉慶太撮影)

写真

 米国仕込みのフォームで球速アップだ! 中日・佐藤優投手(25)が20日、ナゴヤ球場での選手会合同自主トレに合流。6日から米国フロリダ州で自主トレしていた右腕はグラブをはめた左腕の使い方を意識し、球速アップにつなげようとしている。

 武者修行の充実感が表情に表れていた。佐藤は13日間に及ぶ米国での自主トレから18日に帰国。「やりたいことができました」と満足そうな笑顔を浮かべた。

 フロリダのトレーニング施設ではブルペンで自身の投球フォームを撮影。球速、球の回転軸、変化球の変化量などのデータも1球ごとに測定した。同施設で指導する元ダイエー投手のカルロス・カスティーヨさんとともに映像とデータを見比べて、今よりも力を発揮しやすいフォームを探した。

 導き出した答えの一つが左腕の使い方だ。カスティーヨさんからリリース時に左腕をホームと逆方向に強く引くように勧められた。そうすることで自然と右腕が前に伸びて「球持ち」がよくなり、ボールに最後まで力を伝えることができる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ