トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

福田、ウッズボディー仕上げた 筋トレ効果でダンベルプレス42キロ

2019年1月18日 紙面から

必勝祈願を終えた福田(右)ら

写真

 中日の福田永将内野手(30)が17日、パワーアップした体に自信を見せた。あおむけでダンベルを上げるダンベルプレスの重量は、中日在籍時の2006年など3度の本塁打王を獲得したタイロン・ウッズ並みの42キロに到達。過去最高の状態で沖縄に乗り込む。

 「思うような体づくりができている。不安はないし、いい形になってきたので、キャンプインが楽しみ」。決して大言壮語はしない福田が言い切った。自信の根拠は自主トレの成果にあった。

 16年の終盤に痛めた右肩をケアするために控えていたウエートトレを、今オフに解禁。大みそかも元日もナゴヤ球場で鍛えた。ダンベルプレスは10回を2セット。2年前は38キロで精いっぱいだったのが、42キロも上げられるようになった。

 実は、42キロのダンベルは球場にあるものでは最重量。かつてはウッズが愛した逸品で、塚本トレーニングコーチは「あれを扱える人は外国人以外ではいない」と明かす。あまりに使う人がいないため、今でも新しさを保っているという。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ