トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野雄、猛アピール 与田監督が課題取り組みを評価

2019年1月11日 紙面から

キャッチボールで調整する大野雄=中日ドラゴンズ屋内練習場で(高岡辰伍撮影)

写真

 復権を目指す中日・大野雄大投手(30)が10日、与田監督の前で猛アピール。ナゴヤ球場での自主トレで強めの投球練習をし、それを見た指揮官は目を細めた。

 屋内練習場で、吉田ブルペン捕手相手に遠投などをした大野雄は、最後、バッテリー間ほどの距離で捕手を座らせた。そこで、勢いのある球を20球ほど投げた。ブルペンでなく平らな場所でのピッチングだったが、与田監督は満足そうにこう言った。

 「彼の今年にかける思いはすごく感じます」。去年の同時期より仕上がりが早いとも球団関係者に聞いた。ただ、それと同時に感心したのは、課題と向き合っていること。「打者の打ちやすいタイミングで投げてしまうのを打ちにくいタイミングにしていく。そういう間の取り方を課題としていたが、意識して何とかしようというのはすごく見えます」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ