トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

岩瀬の背番号「13」準永久欠番に ふさわしい後継者出るまで

2018年11月28日 紙面から

セ・リーグ連盟特別表彰で功労賞を受賞し、あいさつする岩瀬(手前)=東京都内のホテルで(河口貞史撮影)

写真

 今季限りで現役を引退した中日・岩瀬仁紀投手(44)の背番号「13」が“準永久欠番”になる。数々の金字塔を樹立したレジェンドの功績を評価し、後継者にふさわしい選手が台頭するまで空き番にする方針が固まった。岩瀬は27日、東京都内のホテルで行われた「NPBアワーズ2018 supported by リポビタンD」に出席。コミッショナー特別表彰の特別賞などを受賞した。

 前人未到の領域を次々と踏破した。通算1002試合登板&407セーブ。竜一筋20年で数々の金字塔を打ち立てた岩瀬の背番号は、竜党にとっても、球団にとっても目映い。

 球団幹部が明かした。「来季、13番は誰も付けることはない。その番号を受け継ぐ適任者が出てくるまでは空けておくことになると思う」。白井オーナーも「ドラゴンズの宝」と表現したレジェンドに対する最大級の評価を、空き番号という形で示すことになる。

 岩瀬の背番号の扱いについては、球団内で慎重に検討されてきた。引退表明直後には白井オーナーが「球団が考えるでしょう」と一任する考えを明かした。松坂の「99」から「18」や、京田の「51」から「1」への変更は内定したものの、その中で注目を集めていたのが「13」の扱いだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ