トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

福田、来季目標は30発100打点 初の規定打席到達で1100万円アップの4700万円

2018年11月24日 紙面から

契約更改し会見する福田=中日ドラゴンズ屋内練習場で(板津亮兵撮影)

写真

 中日の福田永将内野手(30)が来季の目標に全試合スタメン出場、30本塁打、100打点の目標を掲げた。23日、ナゴヤ球場に隣接する昇竜館で契約交渉に臨み、1100万円アップの年俸4700万円で更改した。ただ、今季を「個人的には全く納得できる数字でない」と振り返った和製大砲は来季、再び中軸に返り咲き、キャリアハイの成績を残すことを誓った。

 初めての規定打席到達。それを評価してもらっての年俸アップ。金額に不満はなかった。ただ、今年の成績には不満だらけだった。打率2割6分1厘の13本塁打、63打点。福田は「打席数を考えると、打率もホームランも打点も全然足りないと思う」と険しい表情を浮かべた。

 目指す頂はもっともっと高い。「規定打席はもう目標にしない。もっと違う目標を立てる」。その掲げる目標が全試合スタメン出場、30本塁打、100打点だ。「クリーンアップというか、目標は常に4番なので」とも言い、理想はバットで結果を残すことでビシエドから奪う考えだ。(金額は推定)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ