トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

笠原、名前売り込む!! きょう壮行試合先発 チェンジアップで台湾打線封じるぞ

2018年11月7日 紙面から

練習で軽快な動きを見せる笠原=ヤフオクドームで(式町要撮影)

写真

 野球日本代表の「侍ジャパン」は6日、福岡市のヤフオクドームで練習し、7日の壮行試合・台湾戦に備えた。9日開幕の日米野球に向け、今回の初陣となる一戦には中日・笠原祥太郎投手(23)が先発に抜てきされた。2020年東京五輪を見据え、快投で一気に名を上げるチャンス。また、稲葉篤紀監督(46)は巨人・岡本和真内野手(22)の打撃投手を自ら務め、4番候補としての大きな期待を寄せた。

 名前、売り込みます! 侍ジャパンの初陣を託された笠原が自虐気味に決意表明した。

 「いきなり日本代表のピッチャーで僕なんかが出てきて『誰だこいつ?』ってなると思うんですよ。いいピッチングして名前を覚えてもらえたらなと…」

 壮行試合とはいえ、全国にその名をとどろかせるにはまたとない機会。7日の台湾戦は、侍ジャパンがホームのため、2イニングを投げる予定の左腕が、いの一番にプレーを披露することになる。「壮行試合だけど、1番最初の試合を任されたので流れに乗れるようにいいピッチングができたら」。自然と闘志も沸き立った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ