トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

佐藤、今オフのテーマは…「美尻」 肉体改造で守護神定着だ

2018年10月8日 紙面から

トレーニングを終え引き揚げる佐藤(高岡辰伍撮影)

写真

 今季途中から抑えに定着した中日・佐藤優投手(25)が7日、休日返上でナゴヤ球場に現れ、約1時間トレーニングルームで汗を流した。今季は抑えが頻繁に代わり、絶対的守護神だった岩瀬が引退を表明。シーズン終盤から存在感を増してきた佐藤は確固たる立場を確立するため、今オフは「美尻」を求めて肉体改造に取り組む。

 来季の守護神定着を狙う佐藤が手にしたいアイテム。それは巨人・菅野や広島・大瀬良に共通する立派な尻だ。「今年見ていて思ったんですが、一流投手に共通しているのはケツ(尻)と背中が大きい。菅野さんとか大瀬良さんのようなイメージ。自分は線が細いので線を太く、体をデカくしたいんです」。昨年から取り組みだしたウエートや体幹トレを、今オフは強度を高め量を増やそうと計画している。

 がらんと人気のないナゴヤ球場の昼下がり。「体を動かしておきたくて」と佐藤が現れた。この日の1軍は、13日の今季最終戦まで1週間近く日程が空くため、休養日。2軍は宮崎で行われるフェニックスリーグに向けて出発。寮にはリハビリ組ら数人しか残っていなかった。その中で約1時間、トレーニング室にこもって汗を流した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ