トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

京田、2打点 松坂の聖地凱旋を強烈アシスト 今季9度目猛打賞

2018年9月14日 紙面から

阪神−中日 3回表無死一塁、京田が右越えに適時三塁打を放つ=甲子園球場で(中森麻未撮影)

写真

 降りしきる雨を切り裂くような鋭い弾道だった。1点リードで迎えた3回の攻撃。先頭の平田が中前打で出塁し、迎えた京田の2打席目。初球はバントの構えをするが、バットを引きボール。2球目。「強くボールをたたこうと思った」。今度は一転、フルスイングした。

 打球はグングン伸び、右越えのタイムリー三塁打。「ダブルプレーを恐れず、思い切ったスイングができたと思います。後ろにつなごうと思っていた結果、点も入ってくれたので良かったです」と納得の一振りだった。続く4回にも1死二塁の場面で、難しい低めのフォークに体勢を崩されかけながらも、セカンドの頭上を越える適時打を放った。

 9回にも右前打を放ち、今季9度目の猛打賞を記録。5試合連続安打で、その5試合は24打数11安打の打率4割5分8厘と上昇気配だ。2年目の今季、何度も不振のトンネルに突入していたが、ようやく、らしさを取り戻しつつある。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ