トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

山本拓、1軍初合流 地元凱旋に胸膨らます

2018年9月11日 紙面から

1軍の練習に合流しランニングで汗を流す山本拓(中森麻未撮影)=ナゴヤドームで

写真

 中日のドラフト6位ルーキー・山本拓実投手が10日、ナゴヤドームで行われた1軍練習に合流した。18歳の右腕は1軍初体験。市西宮高出身で、11日からの阪神3連戦(甲子園)で登板機会があれば、地元への凱旋(がいせん)になる。

 一番年下の投手が転がして外野まで持っていく飲料水のタンク。この日は20歳の藤嶋ではなく、新顔が転がしていった。18歳の山本拓だ。

 前日の夕方、甲子園に運ぶ荷物出しのために一度ナゴヤドームを訪れていた。「その時のあいさつの方が緊張した。練習ではそこまででもなかった」。動きだせば新人も初合流もない。吉見や松坂らベテランと一緒に、キャッチボールなどで汗を流し、ブルペンで26球、投球練習した。

 ボールを受けたルイスブルペン捕手は「球が速いね」と親指を立てて「いいね」ポーズ。朝倉投手コーチは「2軍からはコンスタントに投げられているという話だったので、1回上で見てみようということになった。持ち味は投げっぷりの良さ。思いっきり自分の持っているものを出してほしい」と、期待をかけた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ