トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

アルモンテ、V字回復 9月打率.387

2018年9月10日 紙面から

中日−広島 7回裏1死一、二塁、アルモンテは勝ち越しの左前適時打を放つ=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)

写真

 ヒゲ男はやっぱり頼りになる。2度追い付かれた接戦に終止符を打ったのはアルモンテ。7回1死一、二塁、決勝打を左前にはじき返した。「たくさんのお客さんが来てくれていたし、チャンスだったので、何としても打ってやろうと思っていた。チームの勝利に貢献できて良かったよ。いいところで打てると気持ちいいね」と、喜びにヒゲを震わせた。

 7回からマウンドに上がったジャクソンの2ボールからの3球目、外からストライクゾーンに入ってきた151キロを逆らわずに流し打ち。二走・大島は最後は足を緩めて勝ち越しのホームを踏んだ。第2打席でも中前打を放っており、3試合ぶりのマルチ。ここ2試合連続無安打だったが、その前は12試合連続安打。9月に入ってからの打率は3割8分7厘。左手首痛で不振に陥った時期もあったが、V字回復だ。

 友の夢も背負ってバットを振っている。エルボーガードを固定させるため、二の腕に巻いている黒いバンドには、ハングル文字と3の数字が刺しゅうされている。昨年まで3年間、韓国プロ野球のLGツインズでプレーしていたルイス・ヒメネス内野手(2009年に日本ハムに所属した同名選手とは別人)から譲り受けたものだ。ハングル文字は「コブギ」と読み、アニメ「ポケモン」のキャラクター、ゼニガメの韓国語で、ヒメネスのあだ名だったという。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ