トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

平田、今季12度目の猛打賞

2018年9月7日 紙面から

ヤクルト−中日 6回表2死二塁、平田が右前に適時打を放つ=神宮球場で(河口貞史撮影)

写真

 復帰の舞台ですぐに結果を出す。前日(5日)は体調不良で欠場した平田が、この日「1番右翼」の定位置でスタメン復帰。初回から快音を響かせるなど、8月26日広島戦以来今季12度目の猛打賞。「打撃自体が良くなってきている。しっかり打つべき球を捉えられた結果」と頼もしい言葉を並べた。

 前日に球団から発表された体調不良は「頭の先から足の裏まで出た」というじんましんに加えて嘔吐(おうと)。さらに「針でチクチク刺されたような激痛が5分くらい続く。それが波のように繰り返しくる」という腹痛だった。4日の夜はサバやカツオ、貝類など海鮮料理に舌鼓を打ち、翌日、まさかの食あたり。欠場を余儀なくされた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ