トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

神宮惨劇再び 9回6失点

2018年9月5日 紙面から

ヤクルト−中日 9回裏無死一塁、田島が代打武内(左)に2ランを許す=神宮球場で(北田美和子撮影)

写真

 鬼門で悪夢がよみがえった。中日は4日、苦手の神宮球場でヤクルトを6点リードして9回裏を迎えた。楽勝の展開で1軍復帰した田島慎二投手(28)を送り出したのが惨劇の始まり。救援陣が火だるまの6失点。追い付かれ、延長11回には又吉がヤクルト・上田にサヨナラ3ランを浴びた。昨季10点差を逆転された神宮でまた悪夢を見た。

 逃げ惑う竜の姿が夏の終わりの寂しさを映し出した。「安全圏」のない神宮とはいえ…。9回を任せた田島が崩れ、ドタバタとブルペンから送り込まれた祖父江、岩瀬、福谷も討ち死に。6点のリードを追いつかれ、延長11回に又吉が3ラン被弾。衝撃的なサヨナラ負けを喫した。

 「何も言うことはありません。もうちょっとね…」。そう言うと、森監督は長い沈黙とともに歩き続けた。昨季も10点差逆転負けの屈辱を味わった。そして、この日は6点差のラストイニング。さすがに逃げ切らないといけなかった。

 最大の誤算は田島だ。開幕から不調が続いた守護神は7月17日から約1カ月半の2軍再調整。この日に再昇格を果たし、本来の持ち場である勝ちゲームの9回を締める役を託された。

 しかし、1発を含む3安打を浴びると、ベンチは継投を選択。3点差に迫られ、慌ただしく登板した祖父江が山田哲に二塁打を許した。打者1人で岩瀬にスイッチ。通算1000試合登板にあと5となった左腕は宮本を三振に切り、あと1人にこぎつけた。

 ただ、落ち着きを失った竜の逃げ切りを許してくれるほど、鬼門は甘くない。続く雄平の2点適時打で1点差。このイニング4人目の福谷は同点打を許した。ロドリゲスで何とか延長に持ち込んでも、激流をせき止めることは難しかった。田島とともに昇格した又吉がサヨナラ被弾。「(登録されて)1発目の登板。結果を残さないといけない」と肩を落とした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ