トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ビシエド、自己新の23号 9月も打ちまくる

2018年9月5日 紙面から

ヤクルト−中日 2回表1死一、二塁、ビシエドが左越えに3ランを放つ。捕手中村=神宮球場で(北田美和子撮影)

写真

 体がねじり切れんばかりのフルスイングでとらえた。高々と上がった白球に、ビシエドはスタンドインをすぐに確信した。左翼席へ消えるのを見詰めながら、ゆっくりと走りだした。

 「タイミングを取りづらい投手だが、打席の中でうまくはかれて、ボールをうまくとらえることができた」

 2回1死一、二塁の好機で迎えた第2打席だった。小川には1打席目から執拗(しつよう)に内角高めを攻められていた。だが、ボール球には手を出さずに我慢した。1打席目は9球投げさせて四球でつないだ。今度ははカウント2−2からの5球目、甘く入ってきたストレートを見逃さず、完璧にとらえた。

 2016年に記録した22本塁打を更新する来日最多23号3ラン。6回には内野に打ち上げた打球が強風のあおりを受け、ポテンと落ちる内野安打のタイムリーも飛び出した。4打点を挙げたが、まさかの大逆転負けに、「良い打撃ができた」と言うのみだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ