トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

浅尾、5回3人斬り 「パームがずっと安定」5戦連続無失点

2018年9月3日 紙面から

中日−巨人 5回表を3者三振に抑えた浅尾=ナゴヤドームで(武藤健一撮影)

写真

 大量リードを許す展開でも、背番号41の名がコールされるとナゴヤドームは歓声が生まれる。自力でのCS進出が絶たれた中で浅尾が輝いた。圧巻の3者連続三振で竜党を沸かせた。

 「(コースなど)間違わないようにできたかなと思う。パームがずっと安定している。あと(課題)は真っすぐと他の変化球ですね」

 出番は2−11の5回に訪れた。すでにマルチ安打をマークしていた先頭の坂本勇を「伝家の宝刀」パームでバットを出させなかった。重信にも同じ球種を決め球に見逃し三振。マギーにはフルカウントから外角低めのボールゾーンに曲がるカットボールを振らせた。今季初の連投にも「2軍でもやっている」と涼しい顔だった。

 この日の最速は138キロ。かつて150キロを超える剛球で強竜時代のセットアッパーを担った元MVP右腕は、右肩を痛めてから緩急を駆使して打ち取るスタイルに変貌を遂げた。ただ、変わらないものもある。試合前練習。キャッチボールやダッシュなどのメニューを消化すると、ほぼ必ず平地でブルペン捕手らを座らせて腕を振る。「リリースポイントの確認ですね。1年目からやっているんです」。ブレないルーティンがプロ12年目の投球を支えている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ