トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

小熊10K 通算11戦で無敗5勝

2018年8月30日 紙面から

DeNA−中日 5回裏2死一、二塁、ソトを空振り三振に仕留め、ほえる小熊=横浜スタジアムで(小沢徹撮影)

写真

 たくましい“熊”が横浜で仁王立ちした。中日は29日、DeNA戦で先発の小熊凌祐投手(28)が7イニングを2失点、10奪三振と力投。3勝目を手にした。ハマの強力打線もこの“熊”は大好物。DeNA戦負けなしの右腕が連敗阻止の白星を運んだ。

 お得意さまのベイスターズから、また白星をいただいた。小熊が7イニングを4安打、2失点に抑えて今季3勝目。DeNA戦は通算7度目の先発で、負けなしの5連勝となった。「たまたまですよ。意識しないようにしている」と首をひねるが、相性の良さは抜群だ。

 前日2発放っているソト、主砲・筒香の中軸2人も完全に抑え込む完勝。「そこは意識していた。内に甘く行くと持っていかれるので、外のコントロールをしっかり気を付けた」と胸を張った。

 マウンドだけではなく、普段からポーカーフェース。近江高時代、滋賀大会で優勝し甲子園出場を決めた時でも、笑わなかったという逸話が残っているほど。15日DeNA戦で8イニング1失点、自身初の2桁奪三振の快投でナゴヤドームのお立ち台に上がった時も、アナウンサーから「チームメートも笑顔を見たことがないと言ってますよ」といじられ、「これが全力の笑顔です」とちょっぴりほおを緩めたくらいだ。

 喜怒哀楽をほとんど出さず、淡々と投げる小熊の表情が一瞬、動いた。5回2死一塁、フルカウントから宮崎に投じた7球目、外角低めへのスライダーがボールと判定された時だ。この日唯一の四球に目を見張った。すかさず松井雅がマウンドに駆け寄り、小熊の胸をトントンとたたく。ポーカーフェースに戻ると、続くソトを落差の大きいカーブで空振り三振に切った。難所を乗り越え、鉄仮面がほえた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ