トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大島、先制6号2ラン 15年の自己最多に並んだ

2018年8月30日 紙面から

DeNA−中日 1回表1死二塁、大島が右越えに先制2ランを放つ。投手井納、捕手嶺井=横浜スタジアムで(北田美和子撮影)

写真

 横浜に来ると大島が目を覚ます。久しぶりの一発は、試合の主導権を握る一撃だった。「うまく拾えたなという感じだった。ナゴヤドームなら入っていないと思う」。苦笑いを浮かべながらも、納得の一打には変わりなかった。

 大島らしい巧みなバットコントロールだった。1回1死二塁。井納の低めのフォークをすくい上げると、打球は右翼席最前列に吸い込まれる先制2ランになった。6月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来約3カ月ぶりに描いた放物線だ。

 今季6本塁打のうち実に5本をDeNA戦で打っている。「たまたまじゃないですか」。通算27本のうち11本がDeNA(横浜時代含む)から放っているだけに、相性抜群なのは間違いない。

 シーズン6アーチは2015年の自己最多にも並んだ。「できれば行けるところまで行きたい」。残り試合でのシーズン最多の更新に意欲も示した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ