トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ビシエド、球団月間最多安打43本 竜のレジェンド西沢&守道超えた

2018年8月29日 紙面から

DeNA−中日 8回表無死、ビシエドが月間43本目となる中前打を放つ=横浜スタジアムで(北田美和子撮影)

写真

中日のダヤン・ビシエド内野手(29)が28日のDeNA戦(横浜)で2安打を放ち、8月の月間安打を43本として西沢道夫と高木守道が持っていた球団記録を更新した。今月は残り3試合。1996年8月にイチロー(オリックス、現マリナーズ特別補佐)が記録した月間48安打のプロ野球記録に、あと5本と迫った。好調な4番が打線を引っ張ったが、試合は3−5で敗れた。

 一気に新記録まで突き抜けた。月間最多安打の球団記録にあと1と迫っていたビシエドが、第3打席で左翼線二塁打、第4打席で中前打とあっさりマルチ安打。1954年8月の西沢道夫、64年8月の高木守道が積み重ねた月間42安打の球団記録を抜きさり、新記録達成だ。来日3年目で竜の安打製造機列伝に連なったことを聞かされると「新記録というのは知らなかった。たくさんのいい選手がいる中で、名を残せたことは素直にうれしい」と、ほおを緩めた。

 5回は大島の右前適時打で同点とし、なお1死一塁。強烈な打球が宮崎のグラブをはじき、左翼線への二塁打となった。嶺井のソロで勝ち越された直後の8回も、代わったばかりのパットンから中前打。ただ、ともに次打者以降が畳みかけることができず、得点できなかった。記念の安打がチームの勝利につながらず、「早めに点を取りたかったけど…。野球にはこういう日もある」と残念がった。

 

この記事を印刷する

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ