トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

同点の場面で2被弾 悔しガル

2018年8月29日 紙面から

DeNA−中日 8回、投手交代となり悔しがるガルシア。後方は森監督=横浜スタジアムで(北田美和子撮影)

写真

 右腕を振り下ろして感情をむき出しにしたほど、ガルシアにとっては悔いの残る1球だった。2−2で迎えた7回2死、3ボール1ストライクからの5球目。ストライクを取りにいったツーシームを嶺井にバックスクリーン左へ運ばれた。

 「7回は打たれちゃいけない場面だった。とても悔しい。反省しなきゃいけない」。痛恨の勝ち越し本塁打を浴び、女房役の松井雅も「もうひとつ低くとか、ジェスチャーとかでしっかりやればよかった」とうつむいた。

 チームの勝ち頭は全力で腕を振ったが、派手な髪色のような輝きは放てなかった。初めての横浜スタジアム。ナゴヤドームと違って狭いだけに、警戒していたはずのアーチを2本も架けられた。そのうちの1本は、またしても天敵のソト。1回2死から左翼席への先制ソロを打たれた。今季、ソトには9打数7安打、4本塁打、7打点とカモにされている。なかなか相性を好転させることができず、「ソトに投げる時はもう少し考えないといけない」と複雑な表情を浮かべるしかなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ