トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

小笠原、左肘手術へ 9月初旬に遊離軟骨除去

2018年8月29日 紙面から

来月初旬にも左肘の遊離軟骨除去手術を受けることが分かった小笠原=11日、ナゴヤドームでのヤクルト戦から(小沢徹撮影)

写真

 中日の小笠原慎之介投手(20)が、左肘の遊離軟骨を除去する手術を9月初旬にも受けることを決断した。今季中の復帰は絶望的で、森監督も「今季中の復帰は無理だ」と明かしている。入団1年目だった2016年オフにも同様の手術を受けている。

 11日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に先発登板し、5イニング4失点。翌12日に出場選手登録を抹消され、ナゴヤ球場での練習では2週間以上、ノースローでの調整が続いている。「僕からは何もありません」と本人は口をつぐんだが、球団関係者によると以前から左肘の違和感を訴えており、原因となっている部分にメスを入れることを決めたようだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ