トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

8月41安打のビシエド、イチロー超え見えた 日本記録は月間48安打

2018年8月28日 紙面から

DeNA戦に向けて移動するビシエド=JR広島駅で(小沢徹撮影)

写真

 中日のダヤン・ビシエド内野手(29)が27日、月間安打数の日本新記録に意欲を見せた。8月は残り4試合で現在41安打。西沢道夫と高木守道が記録した42安打の球団記録はおろか、イチローが1996年8月に樹立した48安打のプロ野球記録も射程圏だ。今季好相性のDeNA戦で快音を響かせれば、6年ぶりのAクラス入りもグッと近づく。

 球史に輝く金字塔を視界にとらえていた。勝負の8月はここまで打率4割8分2厘。ビシエドが積み重ねてきた月間41安打は、何と日本記録をも更新する勢いだった。

 「そんな記録だとは知らなかったね。でも気にしないよ。まずはチームが勝つことが一番。勝ちに貢献して、最終的に更新できていればいいね」

 横浜への移動日だったこの日、広島の宿舎で取材に応じると、こう意気込んだ。今月は残り4試合、さまざまな記録更新に期待がかかる。まずは球団記録だ。西沢道夫(1954年8月)と高木守道(64年8月)がマークした月間42安打まであと1本。さらに2013年8月に村田修一(当時巨人)がマークしたセ・リーグ記録の46安打も十分射程圏内だ。

 そして、1996年8月にイチロー(当時オリックス)が成し遂げた月間48安打の日本記録に挑む。実は米大リーグ・ホワイトソックス時代にイチローと同じグラウンドに立ったことがあるという。「彼のプレーは相手として見たことがある。どんな球にも対応できる素晴らしい打者だった」と称賛する天才が打ち立てた記録を塗り替える可能性を秘めているのだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ