トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

平田、先頭打者弾 10日間で2本目

2018年8月26日 紙面から

広島−中日 1回表無死、平田が中越えに先頭打者本塁打を放つ=マツダスタジアムで(芹沢純生撮影)

写真

 まだ明るい、プレーボール直後の広島の空にアーチがかかる。平田がバックスクリーンに初回先頭打者本塁打をたたき込んだ。「コースや球種を張っていたわけではなく、来た球を思い切り振ったら、ああいう結果になった。いい感じで打てたと思う」とにっこりだ。

 難敵・大瀬良の立ち上がり、カウント1−1から3球目の甘い速球を逃さなかった。6号ソロを含むサイクル安打を達成した16日のDeNA戦(ナゴヤドーム)。お立ち台で「皆さん知らないと思いますが、僕の初回先頭弾は(プロ13年目で)2本目なんです」と話していたが、それからわずか8試合目、7号ソロが自身3本目の先頭打者アーチだ。

 2打席目からは凡退。打率は3割3分8厘に下がった。広島・鈴木の3割4分にかわされ、さらにビシエドが3割4分1厘まで伸ばしてきた。同じグラウンド上の2人に抜かれはしたが、活気づく首位打者争いの中心にいる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ