トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ビシエド、先制の弾丸19号3ラン

2018年8月22日 紙面から

中日−阪神 1回裏1死一、三塁、ビシエドが左越えに先制3ランを放つ=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)

写真

 手に残る感触がスタンドインを確信させた。初回1死一、三塁の好機に打席にはビシエド。カウント2−2から、真ん中低めのスライダーを振り抜く。「反応で打ったけど、完璧だったよ」。左中間席に一直線に伸びる打球を見届け、ダイヤモンドを一周した。

 「つくってくれた好機で一発で仕留められてよかった。ガルシアも楽に投げられたんじゃないかな」。先制の19号3ラン。故郷・キューバ出身の後輩が先発した計19試合では、66打数24安打、3割6分4厘の高打率に加え、4本塁打、16打点の大暴れだ。「何でガルシアのときに打てているのか分からないんだ」と苦笑いするが、数字では片付けられないほどの強力な援護射撃で白星をアシストしている。

 秋の気配が漂い始めても勢いは増すばかりだ。14日のDeNA戦(ナゴヤドーム)から打ちまくった平田の陰に隠れがちだが、8月は63打数29安打で打率4割6分、4本塁打16打点。この日発表された8月の月間MVP候補にノミネートされた。「準備してきた結果さ」と分厚い胸を張った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ