トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

松坂、貫禄の5勝「野手に感謝」 粘投6イニング3失点

2018年8月17日 紙面から

中日−DeNA 1回表1死二塁、ロペスの捕邪飛を指示する先発の松坂(中嶋大撮影)=ナゴヤドームで

写真

 やはり何かを持っている。絶好調でなくても勝つのだから。松坂が2発を浴びながら6イニング3失点とゲームメーク。「早い段階であれだけ点をとってもらったので、楽になった。野手に感謝したい」。味方の大量援護で得た5勝目をかみしめた。

 試合中でも修正できる判断力が光った。2回からワインドアップをやめ、6回無死の筒香以外はセットポジションで投げ込んだ。「状態が良くなかった。(セットポジションの方が)バランスが良さそうだった」。多彩な変化球を主体に組み立て、次々にタイミングを外した。

 悔やまれたのは2死からの失点だ。3回2死一塁で外角のカットボールをロペスに2ラン。5月13日の巨人戦(東京ドーム)以来2度目のアーチを架けられた。6回2死にはソトにソロを浴びた。日本球界では西武時代の2006年8月2日のロッテ戦(千葉マリン)以来12年ぶりの1試合2被弾となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ