トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ビシエドが激走 先制ホーム 打率トップ3割3分2厘

2018年8月16日 紙面から

中日−DeNA 2回裏無死一塁、アルモンテの適時二塁打で先制の生還をするビシエド=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)

写真

 今季のタンケ(戦車)は打つだけじゃない。走っても止まらない。2回に死球で出塁したビシエドが、続くアルモンテの左翼線への打球で激走だ。二塁、三塁を回り、一気に先制の生還。「アクセルを踏まないといけないと思ってね。全開でいったよ」と胸を張った。

 オフに“完成品”をつくりあげた肉体は、走塁でも生きている。スピード感にあふれ、迫力も満点。腕を回した奈良原内野守備走塁コーチも「タンケが(力を)抜かず、よく走ってきてくれた。あれは好走塁です」と称賛した。

 もちろん、バットでもきっちりと4番の仕事を遂行した。続く3回の打席は2死一、三塁の好機で回ってきた。追い込まれてから低めの変化球をうまくさばき、左前への適時打。「バットの先だったけど、うまく粘って打つことができた」と自賛した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ