トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

京田、覚醒の夏 2ラン猛打賞

2018年7月11日 紙面から

DeNA−中日 7回表2死一塁、京田が右越えに2ランを放つ(北田美和子撮影)=横浜スタジアムで

写真

 横浜の夜空に架けたアーチで勝利を決定づけた。3点をリードする7回2死一塁。高めに浮いた須田のシンカーを振り抜くと、白球は失速することなく右翼席へ吸い込まれた。京田が5月15日の広島戦(ナゴヤドーム)以来43試合ぶりに描いた放物線。しかし、試合後の表情は硬かった。

 「前の回にエラー(記録は適時内野安打)をしてしまったので、取り返せて良かったです。取り返すために必死に打席に立ちました」

 そう振り返ったシーンは6回の守備だった。2死二塁でソトの打球が京田のもとへ。しかし、グラブではじいてしまい、三塁へ送球した。福田のタッチも実らず二塁走者・宮崎は止まることなくホームイン。記録は京田の失策ではなくソトの適時内野安打だったが、余計な1点を与えた結果を悔やんだ。奈良原内野守備走塁コーチは「(グラブに)当てている以上は、と本人も思っているでしょう。はじいた後の処理は良かったんじゃないか」と京田の心中を察するように振り返った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ