トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

平田、4安打 5番に戻って大暴れ

2018年6月14日 紙面から

試合後、ファンの声援に応える平田(小沢徹撮影)

写真

 外角球を逆らわずに右前へとはじき返した。前日の2番から5番の打順に戻ったこの日、4度目の『H』ランプが灯る。「いいバッティングができていると思います」。7回の4打席目、平田が4本目の安打を放つと、ドラ党からは称賛の拍手がわき起こった。そして、楽天ファンからはため息が漏れた。

 安打ショーの始まりは2回だった。強烈なライナーで右前へと打ち返した。4回には「ホームランを狙って打席に入りました」と内角球を強振。「打球は上がりませんでしたが、良い形になってくれて良かったです」と左中間を破る適時二塁打。6回には右翼線二塁打、そして締めが7回だった。

 5月6日の阪神戦(甲子園)以来、今季2度目の4安打固め打ち。打率は一気に3割3分8厘となり、リーグトップの坂口(ヤクルト)に3厘差と肉薄し、3位へと浮上した。9回の5打席目に凡退したためトップに躍り出ることはなかったが、完全に射程に捉えた。それでも平田は「数字が出ていることはすごくうれしい。でもまだまだ前半」と冷静だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ