トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

<ファーム>福、復活手応え 9カ月ぶり登板1イニング無失点

2018年6月6日 紙面から

中日−オリックス 6回に2番手で登板し、1イニングを無失点の福=ナゴヤ球場で(高岡辰伍撮影)

写真

 左肩痛で別メニュー調整を続けていた中日の育成・福敬登投手(25)が5日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(ナゴヤ)で約9カ月ぶりに実戦復帰し、6回の1イニングを1安打無失点に抑えた。試合は中日が7−1で勝った。

 福が上々の再スタートを切った。左肩痛が再発した昨年9月9日の広島戦(ナゴヤドーム)以来約9カ月ぶりのマウンド。「確かめながらでしたけど、感覚も忘れていなかったので良かったです」。その表情に安堵(あんど)感を漂わせた。

 4点リードで迎えた6回から2番手で登板。簡単に2死を奪い、鈴木昂に左前打を許したが、最後は伊藤を遊ゴロに仕留めた。最速は139キロで、スライダーやスローカーブを織り交ぜ、15球で料理した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ