トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大島&京田、連夜の初回先制

2018年5月17日 紙面から

中日−広島 1回裏無死二塁、京田は右中間へ先制の適時二塁打を放ち一塁に向かう=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

写真

 悩める新人王が、有言実行で2日連続のお立ち台だ。1号2ランを放った前日は「自分の活躍で、同期の柳を援護してやりたい」と話していたが、2試合連続で先制点をたたき出し、連日のヒーローに。「正直、つかんだわけじゃないけど、早出とかでいろんな方に手伝ってもらっているおかげ。ここまで足を引っ張ってばかりだったので、結果で返していくしかない」。トンネルを抜けきったわけではないようで、9試合ぶりのマルチ&今季初の2打席連続二塁打にも謙虚だ。

 1回は先頭・大島が四球で出て、京田への1球目で盗塁に成功。無死二塁のチャンスに京田は、右中間真っ二つの適時二塁打を放ち先制点を挙げた。前日も初回に大島が右前打で出た後に2ランで先制。それでもまだ結果に納得はしていない。

 丸2週間の遠征では「思った以上に自分の時間が取れない」と練習量に物足りなさを感じ、調子が上がらない中での地元石川での試合はプレッシャーにもなっていた様子。「打撃が分からなくなった。正直、パニックしている」と、弱音を吐いた時もあった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ